2021年4月27日火曜日

4月21日 正御影供養法要(しょうみえくほうよう)


通常3月21日の入定の日に

法要を行いますが、

3月の魚沼は雪に覆われていますので


例年通り1カ月遅れの


4月21日に執り行いました。


真言宗宗祖 弘法大師空海は、


承和2年(835年)3月21日に



ご入定されました。


真言宗では、大師の恩恵への感謝を表すために


御影(みえい)=(おすがた)をかざり、




法要を行います。


昨年は新型コロナウイルスで


正御影供養法要は急遽


取り止めになりましたが


1年も経つと式の際は


皆さんがマスクをされ


静かに執り行うことが出来る為


悩みに悩みましたが、


今年は法要を行うことに致しました。


感染拡大を防ぐため、


お斎は行いませんので


ご了承ください。


法要後は皆さんに御塔婆を


お持ち帰りいただきました。